HUMAN HUMAN 連載
2016.12.26

【呑んべえのひと皿】白身魚のフリット レンズ豆の煮込み添え

【呑んべえのひと皿】白身魚のフリット レンズ豆の煮込み添え

お酒を飲みながら自分好みのひと皿を作る連載企画「呑んべえのひと皿」。こだわっているのにこだわり過ぎない、絶妙な“デキる風”の料理は、一人で晩酌を楽しむときにはもちろん、来客時にサッと出せば相手が喜んでくれること間違いなし。くれぐれもお皿に盛る前についつい手が伸びて、食べるときには一つだけ、なんてことにはならないように気をつけよう。

 

揚げてホクホク!魚の旨味がギュッと詰まったフリットに挑戦

今回ご紹介するのは呑んべえには定番の揚げものメニュー「白身魚のフリット」。外はカリカリ、中はフワフワ、ホクホクの食感がたまらない。また、レンズ豆の煮込みはスペインの食卓では定番。野菜と豆の栄養がたっぷり凝縮されていてとっても美味。もちろんビールのおつまみにも最高!

 

【材料】2人分

<白身魚のフリット>

・白身魚(写真はイシガレイ)…100g

・小麦粉…大さじ1.5杯

・コーンスターチ…大さじ1.5杯

・ベーキングパウダー…小さじ1/2

・塩…少々

・水…粉類と同量

・パプリカパウダー…少々

・パセリ…少々

・サラダ油…適量

 

<レンズ豆の煮込み>

・レンズ豆…150g

・ニンニク(みじん切り)小さじ…1/4

・玉ねぎ(みじん切り) …50g

・ニンジン…1/5本

・水…適量

・スープストック(無ければコンソメスープの素) …適量

・塩…少々

 

【作り方】

1.白身魚の切り身を一口大に切り、塩を振る。

0560

2.小麦粉、コーンスターチ、ベーキングパウダーをボウルに入れ、同量の水を入れ、よく混ぜる。

0580

3.1を2に入れたものを、180℃に熱した揚げ油に入れ、衣が色づいてきたら取り出す。

0594

4.小鍋にレンズ豆、浸るぐらいの水、塩一つまみ入れ、強火にかける。沸騰したらザルに空けておく。

0577

5.小鍋にニンニク、玉ねぎを入れ、弱火で玉ねぎが透明になるまで炒めたら、レンズ豆、ニンジン、スープストックを入れ、沸騰したら弱火にし、20分程度煮込み、最後にニンジンは取り出す。

6.皿にレンズ豆の煮込みを入れ、その上にフリットを乗せ、パプリカパウダー、パセリのみじん切りをかけて完成。

0601

【ポイント】

魚を揚げる際は衣が固くならないように、揚げすぎに気をつけましょう。揚がったら油をしっかり切って。レンズ豆は歯ごたえが残るくらいに煮込むのがベター。

 

古賀靖人 (El Puente シェフ)

古賀靖人 (El Puente シェフ)

北青山の隠れ家的スペイン料理店。店主の古賀氏セレクトのスペインワインやシェリー酒、本格的なパエリアやタパスが楽しめる。スペインに在住していたこともありスペイン語は堪能。有名スペイン料理店で修行した古賀氏が仕込みから丁寧に作る料理はどれも絶品。趣味はブラジリアン柔術、クイズ(アタック25に出演した経験あり、ちなみに優勝)

記事を見る

buono 最新号

最新号
buono Vol.3

¥980 (税込)
2017.02.06

詳細はこちら