HUMAN HUMAN 連載
2017.3.13

【女子ぶらり酒場巡り Vol.1】神楽坂の隠れ家的立ち呑み店

佐藤綾衣(SATO AYAGI) (buonoぶら呑み女子)

佐藤綾衣(SATO AYAGI) (buonoぶら呑み女子)

【女子ぶらり酒場巡り Vol.1】神楽坂の隠れ家的立ち呑み店

オリジナルの連載企画がスタート! 「食べるのも、呑むのも、料理をするのも大好き」と言う、buonoぶら呑み女子・佐藤綾衣が酒場を巡り、酒と料理に舌鼓。第一弾は、情緒溢れる神楽坂の路地裏にある立ち呑み『カド』を紹介する。

dsc_0806

最初の一杯は瓶ビール。揚げたての串カツと共に

「炭酸のシュワシュワとした喉越しが大好きなんです」と言うぶら呑み女子・綾衣さんが、まず初めに注文したのは、瓶ビール(小瓶400円)、自家製のうずら玉子醤油漬け(200円)、串カツ(300円)。「生ビールよりも瓶ビール!」と、冷えたグラスに注いでゴクリ。

dsc_0725

dsc_0735

dsc_0778

串カツは、注文してから揚げてくれるので、サクサクの衣が味わえる。「熱々の串カツをビールで流し込む……、この組み合わせがたまらない!」
ちなみに、土間で立ち呑みができる『カド』は、全てキャッシュオン制。

dsc_0792

dsc_0801

 

ビールの後は、北陸ならではの料理と日本酒を堪能

「このお店で絶対に食べたかったのが、鯖へしこなんです」と、目をキラキラさせて話す綾衣さんは、店のスタッフに、「おすすめの日本酒はどれですか?」と質問。人気だという石川県の純米酒・遊歩(800円)を早速注文。

dsc_0813

「柔らかい口当たりで、女性には呑みやすくて良いですね」という日本酒と相性抜群の酒の肴には、北陸地方の2品をセレクト。まずは、福井県の鯖へしこ(500円)。『田中平助商店』から取り寄せいているもので、少し温めてから提供してくれる。「あぁ〜、この塩加減は絶対に日本酒! 想像以上に美味しいです」と。

dsc_0733

続いては、石川県の特産品・ぬかイワシ(400円)。ぬか漬けしたイワシを焼いて食べるこの一品は、香ばしさとジューシーさが楽しめる。「ぬかの独特な匂いもなく、魚の旨みがぎゅっと凝縮されているような気がします。それにしても、苦味のある内臓部分も本当に美味しくて、お酒が進んじゃいますね」

dsc_0820

dsc_0829

神楽坂『カド』は、一人でふらっと行ける立ち呑みだけでなく、お座敷のスペースで昼食や旬の食材を使った夕食(コース料理)も堪能できるので、一度と言わず二度三度行きたくなる場所だ。

(Planning&Text&Photo:Sayaka Miyano)

佐藤綾衣(SATO AYAGI) (buonoぶら呑み女子)

佐藤綾衣(SATO AYAGI) (buonoぶら呑み女子)

1990年11月30日生まれ、26歳。過去にCXドラマ「ディア・シスター」に出演し女優として活躍するほか、「ロート製薬OXY」「大塚製薬 SOYJOY」「日本コカコーラ スプライト」TVCMなど多数の広告にも出演。現在は「ライスフォース」TVCMに出演中。また、NHK BS「チャリダー★」坂バカ女子部としてレギュラー出演するなど、タレントとしても活動している。

buono 最新号

最新号
buono Vol.7

¥980 (税込)
2017.06.06

詳細はこちら