NEWS NEWS 記事
2016.10.14

築地か豊洲か? いや、今行きたいのは足立市場でしょ。

築地か豊洲か? いや、今行きたいのは足立市場でしょ。

東京の市場移転問題が炎上する昨今だが、一般ピープルが楽しめる市場はそこだけではない。東京都内の11ヵ所の中央卸売市場のうち、唯一水産物を専門に扱うのが、この足立市場。早朝5時30分からは鮪のセリで活気づく、下町の人情味溢れる鮮魚市場で、買い物がてら市場グルメを満喫してみては。

足立市場の新星が送る極上の「市場めし」

_jla4237

2013年にリニューアルオープンした、足立市場の新星『とくだ屋食堂』。卸も行うご主人は、魚のプロフェッショナル。かなりの目利きで、この店に通う、魚には一家言ある食通から絶大な信頼を集めている。その魚を調理するのは、ご主人と固いタッグを組む板長。新鮮な魚をあっという間に捌く様子は、見とれてしまうほど。一番人気の鯵をはじめ、海老、穴子や牡蠣などから2種類を選べる「お好みフライ(700円)」は、サクサクとした食感はお手本のよう。「いい魚をおいしく食べさせたい」というスタッフの情熱をひしひしと感じる。新鮮な魚と一緒に少しお酒も飲みたいという時は、ぜひ女将に声をかけてみよう。今日の魚にぴたりと合うお酒をアドバイスしてくれるはずだ。

『とくだ屋食堂』

住所/東京都足立区千住橋戸町50(足立市場内) TEL/03-3879-2805 営業/8:00~15:00(L.O.14:50)、土曜 8:00~16:00(L.O.15:40) 休み/日・祝日、休市日の水曜

 

 

カフェか食堂かはたまた喫茶店か。マルチな店で小鉢三昧

_mg_5221

市場外にある『カフェ食堂みどり』では、レトロな緑の看板がお出迎え。朝8~9時には、数十あるテーブル席はほぼ満席。新聞片手にドリンクだけで過ごす人もいれば、知り合いと食事しながら話に華を咲かせている人も……。朝のせわしない時間の中でも、様々な人間模様が垣間見える。「まぐろブツ(300円)」や「タコブツ(250円)」、「エビフライ(800円)」をはじめ、定食とともにお酒を楽しむ際は1杯目が280円からと、リーズナブルなのも下町の市場ならでは。

『カフェ食堂みどり』

住所/東京都足立区千住橋戸町61 2F(足立市場外) TEL/03-3882-7996 営業/5:00~14:00(L.O.13:30)、土曜~14:30(L.O.14:00)、休市日の水曜11:00〜14:00(L.O.13:30) 休み/日・祝日

 

 

鮮やかなピンクが新鮮な証! 鮪の部位を食べ比べ

_mg_5364

足立市場で取り扱う水産物の約8パーセントを占めるという鮪。昭和11年創業の老舗『しいはし食堂』でも、その新鮮な鮪を堪能できる。市場内の食堂らしく、赤身や中トロなどいくつかの部位別に提供されるのも嬉しい(部位の内容は仕入れ状況により変わる)。名物の鮪の赤身と中トロの盛り合わせ「お刺身(1080円)」や「肉豆腐(450円)」をはじめ、冬の時期(10~4月)は赤崎産のカキフライが看板メニューとして登場するなど、早朝から美味しい魚がいただける食堂。ただし、店は昼過ぎまでの営業なので、早朝から足を運びたい。

『しいはし食堂』

住所/東京都足立区千住橋戸町50(足立市場内) TEL/03-3879-2806 営業/6:00~13:30 休み/日・祝日、休市日の水曜

buono 最新号

最新号
buono Vol.10

¥980 (税込)
2017.09.06

詳細はこちら