NEWS NEWS 記事
2016.10.6

旨すぎて悶絶必至の最強餃子塾、開講であーる!【第二回】

旨すぎて悶絶必至の最強餃子塾、開講であーる!【第二回】

ブシュッと肉汁もドーパミンもハジける餡づくり!

餡、餡、餡、とっても大好き、ボンジョールノー。というわけで前回に引き続き、最強餃子塾塾長、ボンジョルノ島貫である! 以上!!

で「以上!!」では困るので続けます(デジャブ)。前回は、ワタクシの独断で餃子作りを一番左右する皮をレクチャーいたしましたが、今回は餡です。その昔、デニーズで提供されていた餃子は肉汁がドバっと出てくる小龍包タイプで、厚い皮との相性抜群でした。無くなって寂しいと感じているファンも多いと聞きますので、ここではそんな肉汁系の餡作りを追っていきたいと思いますよ。もうね、自宅で溢れさせてしまえばいいじゃんね!

 

ドバっと溢れる肉汁の秘密はジュレにあり!

さて、ひと口噛んだらブシュっと肉汁が飛び出す餃子が作りたいのである! あ、料理紳士の皆さん、まさか本当に肉の汁だけだと思っているわけではあるまいね。まず、アレは人為的に作られたスープであることを認識しなければたどり着けぬシロモノ。つまり、まずはその素ともなるジュレを作らなければならんのです!
_mg_0122粉ゼラチンを5gを、時間をおいて十分にふやけるまでおいておく。

_mg_0123粉ゼラチンが十分にふやけたら、250~300ccほどの水を沸かし、鶏ガラスープの素を大さじ3杯ほど溶かす。

_mg_0125鶏ガラスープをゼラチンに混ぜ溶かす。固めるために2時間ほど冷蔵庫へ。この段階で塩ベースのジュレが完成。

_mg_0127醤油ジュレにする場合は塩ベースのジュレに溜まり醤油を加える。

 

buono 最新号

最新号
buono vol.8

¥980 (税込)
2017.07.06

詳細はこちら