NEWS NEWS 記事
2017.9.14

【ここぞという時に作りたい! 一流料理人のSECRET RECIPE】 『 海老のカダイフ巻きサラダ』(煮込みやなりた)

【ここぞという時に作りたい! 一流料理人のSECRET RECIPE】                                            『 海老のカダイフ巻きサラダ』(煮込みやなりた)

メインディッシュで使える大きな赤海老を、あえて独創的なサラダにしてみたというのが「海老のカダイフ巻きサラダ」。葉物野菜は季節に応じて少しずつ変えていき、秋にはイチジクをのせることも。揚げたての海老の香ばしさと、酸味控えめのドレッシングで和えた生野菜との相性も良い。サラダならではのシャキッとした新鮮な食感も楽しめる。カリッと香ばしい海老と季節の葉物を豪快な一皿を『煮こみやなりた』のオーナーシェフ成田英寿氏に教えていただいた。

 

『 海老のカダイフ巻きサラダ』(煮込みやなりた)

【材料】 1人分

赤海老…6尾
カダイフ…300g
クレソン、ロメインレタス、トレリス、エンダイブ、
サニーレタス、プチトマト…各適量

1.赤海老は水気を取り除き、殻を剥く。仏産のカダイフを海老の身が見えない程度に巻き付ける。

dsc_6425

2.季節の葉物野菜を数種、食べやすい大きさにちぎり、プチトマトと一緒にドレッシングで和える。

dsc_6429

3.皿の底に敷くように、大きい葉物野菜を広げながら並べる。

dsc_6434

4.190℃の高温で海老を1分弱揚げる。カダイフがきつね色になったらOK。海老は余熱で火を通す。

dsc_6445

5.皿に並べた葉物野菜の上に海老をのせる。頭が上を向くように高さを出して盛り付ける。

dsc_6451

6.海老の間にさらに残りの葉野菜を盛り、高さを出す。

dsc_6454

7.最後にプチトマトを周囲に飾る。

dsc_6464

【ポイント】

野菜は数種類使って食感や味の差を楽しむ。先にドレッシングで和えておくと野菜全体に味が渡り、海老の風味を損なわない。

dsc_6431

 

【料理人プロフィール】

『煮こみやなりた』
オーナーシェフ 成田英寿

 

「私は飲み屋のおやじ、ワインを飲
みながら食べて欲しい料理を」とい
う成田シェフ。年に一度行くパリの
庶民的な酒場を再現し、ボリューム
があって気取らない料理が評判。

 

煮こみやなりた

煮こみやなりた

住所/東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19
☎03-3355-2538
営業/ 18:00~24:00(L.O.22:00)
休み/日・祝日、第1・2月曜

buono 最新号

最新号
buono Vol.10

¥980 (税込)
2017.09.06

詳細はこちら